いろいろな描き方パステルアート

days
何を介するかでタッチが変わる

こんにちは!パステルシャインアートでは基本的にはコットンを用いて削ったパステルをキャンバス(画用紙)にのせて描いていきます。

 

ただ今回は、他の方法でやってみたらどのように味が変わるのか試してみたく実践してみたのでまとめます!

 

コットン(基本の方法)

いつもの通り、柔らかくソフトなタッチです。

 

今回はグラデーションは意識していませんが、綺麗にグラデが表現できるのもイメージできますね。

 

青と赤の対象カラーがが重なっているところも綺麗です。

ティッシュ(保湿の高いやつ笑)

コットンと比較するとややクレヨン質ですね。

 

そして注目すべきは赤と青が重なるところ。グラデになってなーい!!だけれど紙のザラザラ感やクレヨン感が色の個性を主張してくれている感じ。

色のメッセージ性は強いですね。

指でのば〜す

グラデーションがしっとり〜〜!

 

指の力加減が顕著に表れてます。

 

指の湿度によってもタッチが変わりそう。

一色を大きなキャンバスに塗るのはエネルギーがいるけれど何色ものカラーを細かく塗り重ねるには指は適している気がします!

同じ4色でも色が一番発生している〜!

パステルさんそのまま直接♡

強い強い強い〜〜〜!

強すぎて描いたあと、指で伸ばしちゃいました!

 

パステルの色の強さがティッシュより強い!

1本1本のパステルを主役にしたいときはそのままがいいですね。

 

 

比較動画はこちらから・・・!

今回、5cm×5cmのわくでの比較だったので1冊の絵本で全く同じイラストをそれぞれの画法でもやってみたいなと思いました!

 

同じスト−リー、同じイラストで、タッチが違うだけで感じ方にどのような変化が生まれるのかな〜〜なんて考えたりしながら・・・

 

今日もそんな妄想をする日々です。では!