どこまでも泳いでいく

art × story

自分のみえている世界のなかをずっと泳いでいた。


とにかくとにかく泳いできた。


嬉しかったり、
どきどきしたり、
落ち込んだり


とにかくとにかく泳いできた



毎日つかれて
ぐっすり眠れるように


たくさんたくさん泳いできた



眠っている世界では


僕はどこまでもいける


君の声をきくことができる


みたい世界をみることができる


その時間が僕の本当のセカイ



いま僕は

世界とセカイをひろげる


せかいはひとつ